知って得する!妊活に効果ありなお茶とは?カフェインには要注意!
妊活中にはどのような飲み物を摂取したら良いかご存知でしょうか?

妊活にオススメのお茶や、グリーンスムージー、ハーブティーなどの情報をまとめました。また、注意するべきカフェインやアルコールの摂取に関しても書いています。

カフェインレスのお茶は妊活の味方

カフェインレスのお茶は妊活の味方

妊活しやすい体づくりとは?

妊娠をするために体を温めたり、ストレスのかからないような生活をして、妊娠しやすい体づくりをすることを妊活と言います。

最近では働いている女性がとても多くなってきており、ストレスも溜まりやすいため、なかなか妊娠できないという女性が多くいるのです。

こういった理由から、仕事を少しずつセーブしつつ妊娠しやすい体づくりをするという女性も多くなってきているのです。

カフェインレスな生活をしましょう

妊娠すると、コーヒーや紅茶などカフェインの入っている飲み物は避けなくてはなりませんので、妊活中からカフェインレスのお茶にシフトチェンジしておくことによって、カフェインレスの生活に抵抗なく移行することができるのです。

カフェインレスのお茶でおすすめなのが、体を温める効果のあるハーブティーです。

ハーブティーにも様々な種類があり、ハーブティー専門店などに行くと、妊活中に最適なブレンドをしてもらうことができるという店舗もありますので、とてもおすすめなのです。

ハーブティーはカフェインレスですので、妊娠中や授乳中にも飲むことができ、体を温める効果のある物を飲んでおくことで、授乳中には母乳の出が良くなるということもありますので、妊活中から続けておくことがとても重要なのです。

妊活中の人におすすめのグリーンスムージー

妊活中の人におすすめのグリーンスムージー

冷え性を改善しましょう

赤ちゃんが欲しいけれど、なかなか妊娠出来ないという人は、原因の1つに冷え性があると言われています。

基礎体温で高温期になると妊娠しますが、元々低体温で高温期が普通の人よりも低いと、なかなか妊娠しにくい体質になってしまうのです。

冷え性を改善するには、身体の中から温める工夫をすることが大切です。また、妊活中の人にとっては、赤ちゃんの成長に欠かせない葉酸を妊娠前から取ることも必要とされています。

生姜を含んだグリーンスムージー

妊活中の人にぴったりの飲み物がグリーンスムージーです。

グリーンスムージー自体は冷たいので、ここに身体を温める食材を加えると良いのです。身体を温める食材といえば、しょうがが思いつくでしょう。

生のしょうがは、ジンゲロールという成分があり、免疫力アップに繋がりますが、ジンゲロールは加熱すると量が減ってしまいます。

その代わりに、加熱したしょうがには、ショウガオールという成分が増え、この成分に身体を温める効能があります。妊活中の女性は、しょうがと生のりんごなどを皮ごと薄切りにしたものを、あらかじめ加熱してミキサーで混ぜたホットグリーンスムージーを飲むと良いでしょう。

冷え性の改善にも繋がりますし、冷えから来る便秘の解消にも役立ちます。

妊活を始めたらハーブティーがおすすめ

妊活を始めたらハーブティーがおすすめ
晩婚化が進んできている最近では、結婚したらすぐに妊娠して子供を授かりたいと考える夫婦がとても多くなってきています。

しかし自分たちの希望通りに妊娠することができるということは少ないので、いつ妊娠してもいいように妊娠しやすい体づくりをすることが大切なのです。

こういった妊娠しやすい体づくりをするということを妊活と呼ぶのですが、妊活を始めたら妊娠初期に必要となる栄養素の葉酸を摂取することがとても大切になるのです。

他にはストレスを溜めないように心掛けたり、体を温めるようにすることで、妊娠しやすい体にすることができるのです。

中でも体を温めるということはとても大切で、首や足首など、体の部分で首という名が付いている部分を重点的に温めることで、体を内側から温めることができるのです。

温かい飲み物を飲むということもとてもおすすめで、体を温める効果のあるハーブティーなどを飲むことによって、自然と内側からぽかぽかしてくるということがあるのです。

春や夏など気温が高くなる季節になると、冷たい飲み物が飲みたくなるのですが、体を冷やしてしまいますので、常温の飲み物の方がおすすめです。

妊娠中はカフェインを取ることはあまりおすすめできませんので、妊活中からカフェインレスの生活をしておくことが大切なのです。

妊活にカフェインは要注意

妊活にカフェインは要注意

体を温めることの重要性

最近では妊娠しやすい体づくりをするために妊活をしているという女性がとても多くなっています。

晩婚化が進んでいるため、年齢的にもすぐに子供を授かりたいと考える夫婦が増えてきているため、こういった妊活をする女性が増えているのです。

妊娠しやすい体づくりのためにはまず体を温めるということがとても重要になります。

寒い冬は自然と体を温めるためにたくさん衣類を着たり、足元が冷えないように靴下を二重に履いたりして対策をしている女性が多いのですが、春から夏にかけては暑くなる季節ですので、体を温めるということを忘れがちな女性が多いのです。

コーヒーや紅茶は控えめに

コーヒーや紅茶などカフェインを含んでいる飲み物は体を冷やしてしまうことがあるため、妊活中や妊娠中、授乳中には控えることがおすすめなのです。

妊活中からカフェインレスの生活を心掛けることで、妊娠しやすい体づくりをすることができますし、体が温まっていることで、出産が楽になるというメリットもあるのです。

授乳中には体を温めることで母乳の出がとても良くなるという効果もありますので、妊娠を考え始めたら、まずはコーヒーや紅茶を控えるなどカフェインレスの生活を心掛けることをおすすめします。

妊活中のアルコールの摂取

妊活中のアルコールの摂取

アルコール摂取の悪影響

妊娠中のアルコールは胎児の発育に悪影響を与えますが、妊活中においても、過度のアルコール摂取は不妊等の悪影響をもたらします。

生殖医療に関する論文を掲載している雑誌「FERTILITY AND STERILITY」の報告によれば、週50~140gアルコールを摂取している女性と比較して、週140g、1日20g摂取した女性は、そうでない女性と比較して不妊率が60%増加します。

一方、週50g以下に摂取を留めている女性は不妊率は40%減少します。この50gという量は、ビールなら大びん(633ml)約2本分、日本酒なら2.5合(450ml)、焼酎なら250ml、ワインならば450ml程度となります。

付き合いや飲み会程度で飲む方ならともかく、お酒好きで定期的に飲まれる方はすぐに越えてしまう量かもしれません。

夫婦で協力し合いましょう

もし妊活中でお酒好きの方がいましたら、晩酌等習慣的な飲酒はやめて、妊娠しやすい時期を避けて、適度な酒量を心がけた方がよいでしょう。

尚、男性については、飲酒と精子減退等の因果関係は証明されていませんが、過度の飲酒は男性機能の減退につながりますし、何より、奥様にだけアルコールを制限させて旦那様だけが飲酒をするのは夫婦関係にも悪影響を与えますので、妊活中は夫婦で節酒し、元気なお子様を育む準備をするのが良いでしょう。

赤ちゃん
カフェインもアルコールも我慢でちゅね!
先生
そうですね!奥様だけで頑張りすぎず、夫婦で協力し合い万全の準備を心掛けましょう!