あなたは大丈夫?妊活中のストレス・うつの放置は危険!
妊活中にホルモンバランスが乱れ、ストレスがたまってしまったり、うつ状態になってしまうことは誰しも必ず起こりうることです。

そんな時にオススメなのが「アロマの香り」なんです。妊活アロマについての情報をまとめました。

妊活によるうつの危険

妊活によるうつの危険

ストレスをため込みすぎるとうつ病になる可能性

出産・子育てはすごく大変と聞きながらも、女性ならではの母性本能からか、赤ちゃんが欲しいと願うことは誰にでもあります。

しかし、共働きや晩婚化、不景気が重なり、子育てに前向きではないのか年々少子化の傾向にあります。中には子供が欲しくても授からないで悩んでいる方もいます。

さらに危険なのが、不妊治療や妊活がうつ病につながってしまうことです。治療や普段の生活を改善したにも関わらず成果がなかなか出なかったり、子供を待ち望む身内の反応や態度が重圧となり、多大なストレスがうつ病に発展してしまいます。

周りの協力を得ることも大切

妊活でもっとも重要なのは、パートナーや周りのサポートや理解です。女性は特に精神面が繊細なので、相手のちょっとした言動に敏感です。

肉体的な改善は本人の取り組み次第で効果は出ますが、精神面のすべてをコントロールすることはできません。

パートナーや周りの方々が妊活を理解し、協力することでストレスが軽減され、より妊娠しやすい体とメンタルに整えることができれば、不妊治療や妊活によるうつ病を防ぐ事が出来ます。

ご本人は妊娠しないと焦ってしまいがちですが、決して焦らず意識しすぎず、ゆったりと過ごすのが妊娠につながります。

先生
旦那さんや家族、友人など、周りの人に頼ることも大事なことですよ。

妊活にストレスはつきもの

妊活にストレスはつきもの

ストレスが溜まるのは仕方ないこと

最近では妊活という言葉が浸透してきていますが、妊娠を希望していても、なかなか子供を授かることができないときには行動にうつすことが必要な場合もあります。

特に原因がわからないままやみくもに時間がたってしまうのを防ぐため、クリニックなどで専門的に診てもらうことが推奨されています。

しかし、妊活にストレスはつきものでもあります。

例えば、周りの無神経な言葉によって傷つけられることもあります。何も知らない人は悪気なく子供はまだかと聞いてきます。

自分が一番気にしている問題を指摘されるととてもストレスがたまるでしょう。他人の言うことと割り切って、気にしないことが一番です。無神経な人はどの世界にもいますので、いちいち相手にしてしまうと体がもちません。

自分だけの問題ではない可能性もある

まパートナーとの関係も悪くならないようにお互いに思いやって生活をおくることが大切です。本格的な検査や不妊治療を始めると身体的にも負担が大きくなります。

妊活は女性だけがするものではありません。パートナーの協力なしではとても大変です。男性側に問題がある場合もありますので、一緒に検査を受けると良いでしょう。

妊活にストレスは大敵ですので、できるだけためすぎないように息抜きをしつつ過ごしましょう。

妊活サプリでうつを防ぎましょう。

妊活サプリでうつを防ぎましょう。

つわりの時でも摂取したい葉酸サプリ

妊活サプリと聞いてもピンとこない方もいるかもしれません。どのようなものかといいますと、妊活に必要な栄養が入っているサプリのことを指します。

妊活に必要な栄養とは、葉酸、鉄分、カルシウムなどです。ふだんの食事で補うのは少し困難な栄養素なうえ、妊婦さんは赤ちゃんの分の栄養も摂らなくてはいけません。

なので、つわりの時などには、サプリを飲んだ方が楽に摂取できます。葉酸にはリラックスさせる効果があるのでうつ病の方にも最適です。

葉酸が欠乏しているとうつ病になる可能性がある

うつ病になる方は、葉酸が足りていないという調査結果も出ています。最近では心療内科でも葉酸の摂取をすすめているところが増えているようです。

妊活サプリでしたら忙しくて食事がちゃんと摂れないというときでも気軽に飲むことができます。持ち運びも便利なので旅行中でも心配ありません。

うつ病になる前に予防として飲んで頂ければ、さらに効果を発揮します。体づくりの栄養だけでなく、心にも栄養を与えてあげましょう。

妊活サプリには女性に欠かせない栄養素がたくさん入っています。アルコールをよく飲まれるかたは葉酸が欠乏しているため、意識して摂取するよう心がけましょう。

先生
栄養バランスが悪いと体だけでなく、心までボロボロにしてしまう可能性があるので、要注意!

ホルモンバランスを整えて妊活しましょう。

ホルモンバランスを整えて妊活しましょう。

生活を見直してホルモンバランスを改善

女性はホルモンバランスが崩れやすく、肌荒れやうつなど様々な問題が起こります。睡眠不足やストレス、冷えなどが原因です。

女性ホルモンは妊活にとても影響します。ホルモンバランスを整えるにはまず生活リズムを整えることから始めます。早寝早起き、適度な運動といった基本的なことから直していきましょう。

それから食事には特に気を使うようにしてください。イソフラボンを摂るために大豆食品を毎日食べる習慣をつけると効果的です。

妊活に必要な栄養素は他にもカルシウム、鉄分、葉酸などがあります。葉酸というのはビタミンB群の一種です。脳や神経を作る栄養素なので、お腹の中にいる赤ちゃんには必要不可欠です。

特に注意したい妊娠初期

葉酸が不足すると無脳症や神経管閉鎖障害による病気がおこりやすくなります。この葉酸が多く含まれている食品は枝豆やアスパラガスなどの緑野菜です。

レバーにも含まれているので、鉄分も一緒に摂れます。ですが過剰に摂取すると、母体や赤ちゃんに悪影響を及ぼすので注意しましょう。

今では妊活サプリなど簡単に摂取できるものがあるので試してみるのもいいかもしれません。

とくに妊娠初期に栄養をたくさん摂るよう心がけてください。規則正しい生活をして元気な赤ちゃんを育てましょう。

妊活アロマにおすすめの香り

妊活アロマにおすすめの香り
妊活中のリラックス法としてアロマテラピーがオススメです。

妊活を頑張ってると期待したりと気分にムラがあって情緒不安定になりがちですが、好きな香りで気分は良くなります。

お勧めアロマは、ゼラニウムやラベンダーやイランイランがオススメです。

ゼラニウム

ゼラニウムはすべてのバランスを保つ精油で女性的な魅力を高めます。イランイランは神経をリラックスさせ、ホルモンバランスを整えます。

ラベンダー

ラベンダーはうつ気味な心を癒して怒りを鎮静します。体を温めるために生姜紅茶を飲んで体を温めるなど生姜には体温受賞作用がありましす。

アロマにもジンジャーという発汗作用を促す精油を使ったり、幸福感を与えてくれるサンダルウッドや甘くて華やか、優雅な気持ちにさせてくれる香りのローズオットーがあります。

ローズオットー

ローズオットーは、女性の自身と魅力を与え、ストレスや緊張を和らげ、心を明るく高揚させます。また子宮強壮作用もあります。

妊活は焦ることが一番禁物です。女性は年齢とともに不妊率があがるとも言われ焦りやすいです。妊娠を目標にせず、毎日の生活を豊かな落ち着いて楽しむことが一番妊活の近道になるはずです。

赤ちゃん
自分なりのリラックス方法を見つけて、無理のない妊活が大事でちゅ。