夫婦で一緒に知るべき妊活の豆知識とは?共働きでも妊娠できる方法
妊活は夫婦で協力し合うことがとても重要となります。なかなか妊娠できず、時にはストレスが溜まり、けんかをしてしまうこともあるかもしれません。

そんな時どんな対処をしたら良いか、夫婦での妊活についての情報をまとめました。

夫婦で妊活を励むこと

夫婦で妊活を励むこと

夫婦でできること

妊活は夫婦で励むことが大切です。妊娠するには女性だけではなく、男性の協力も必要です。どちらかが仕事が忙しく、夜遅くなったりすると、なかなか妊活に取り組むことが難しいかもしれません。

そういった場合、夜は寝て、朝に少しだけ早く起きて性行為を行うとか、早く帰れた日に少し時間を取るとか、相手の協力なしでは妊娠は難しいです。週に何度かの性行為を持っても、1年、2年と妊娠しない場合、不妊症ということになります。

高齢になる前に

高齢になるほど妊娠しにくく、毎月の排卵で元気のある卵子から排出していくため、若い内の方が、排出される卵子も元気です。

35歳までには妊娠、出産を終えた方がよく、それ以上になると、なかなか妊娠しづらいです。子供を望んでる夫婦の場合、女性が30歳を超えていたら、すぐにでも妊活に取り組んだ方がいいかもしれません。

35歳を過ぎると妊娠しにくくなってきて、40歳ともなると妊娠率はグッと下がります。自然妊娠はかなり難しく、人工授精、体外受精といった不妊治療でも可能性は低くなってきます。

妊娠、出産をしても子育てが待っています。子育てには体力が要ります。それをよく考えて妊活に夫婦で取り組んだ方がいいでしょう。

妊活でつらいのは夫が非協力だということです

妊活でつらいのは夫が非協力だということです
妊娠するために、体の調子を整えたり、適切な医療機関で治療を受けたりすることを妊活といいます。最近は少子化が問題になっていますが、晩婚になったということと、それぞれの家族で産む子供の数が減ったというほかに、不妊の問題もあります。

結婚をしてもなかなか子供に恵まれない夫婦も増えていますが、そういう人もなんとか授かろうと、妊活をしているものです。

妊活というと、活動的なイメージがあって明るい響きもありますが、妊活中の女性には悩みも多いです。治療していることをなかなか人に言えないことも多々あります。

結婚して3年もたつと、人からはそろそろ赤ちゃんは?などと聞かれることがあります。聞いた人には悪意がないのですが、妊活をしている女性にとってはかなり辛い言葉に聞こえます。

また、女性を苦しめるのは、夫の非協力的な態度ということも多いそうです。妊娠は一人ではできませんし、妊娠するには妊娠するに適した日程というものがあります。

排卵日のタイミングをみて性交をすることが必要ですが、夫はまったく理解を示さないということもあるのです。そうすると、妻は自分だけが頑張っているような気になって虚しさを感じるようになってしまうのです。

妊活は夫婦で協力することがもっとも重要なことなのです。

赤ちゃん
ママとパパ、ケンカしないでぇ~

妊活で大事なのは夫婦が仲良くすること

妊活でつらいのは夫が非協力だということです
結婚した夫婦のほとんどは、自分たちに自然に赤ちゃんが授かることを願います。大多数の夫婦は、半年かもしくは一年以内には新しい命を授かっていますので、自分たち夫婦も赤ちゃんが授かるのは当たり前と思っているかもしれません。

しかし、なかなか新しい命を授かることが出来ない場合には、自然に任せるのではなく積極的に妊娠するための活動が必要となります。

最近では、積極的に妊娠するための活動を妊活と言いますが、妊活の第一歩として基礎体温をつけて排卵日を特定しその前後に性生活を持ってくことが大切です。

タイミングを狙って性生活をしたり、産婦人科に通っているのになかなかできない場合には、夫も妻もイライラし、つい喧嘩してしまうこともあります。

性生活を義務のように感じることもあります。さらに、赤ちゃんが出来ないことでお互いを責めることもあることでしょう。ひどい時にはけんかして、「赤ちゃんをあきらめる」と言うかもしれません。

しかし、けんかしてしまった時にはお互い少し休憩しましょう。妊活は積極的に行うことが大切ですが、夫婦が仲良く暮らすこともとても大切です。

妊活に大切なことは、穏やかな気持ちと根気強さです。ぜひ夫婦協力し合って行いましょう。

夫婦で亜鉛摂取をして妊活

夫婦で亜鉛摂取をして妊活

亜鉛が効果的

亜鉛は妊活をする夫婦にとって、大切な栄養素の一つで、男女ともに生殖機能を高める成分です。男性が摂取すると、男性ホルモンの合成に働きかけ、精力を強めることができます。

不足すると、精子の形成が減少して、男性側の妊娠力が弱くなります。女性が摂取すると、女性ホルモンを正しく機能させ、特に卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンが作動しやすくなります。

女性ホルモンの不足は、月経不順や無月経を引き起こすこともあり、不妊の原因の一つにもなる可能性があります。

妊活の第一歩として、亜鉛が不足しないように気を付けましょう。多く含まれる食材は、牡蠣やあさりなどの貝類、豆腐や納豆などの大豆製品類、山芋や里芋などです。

サプリで摂取する方法もある

亜鉛は体内での吸収率が悪いため、妊活中に積極的に摂りいれたいならば、サプリで摂取することも方法の1つです。

亜鉛は食品を加工する過程で失われることが多いため、インスタント食品やファーストフード、コンビニ弁当など偏った食生活をしていると不足してしまいます。

加工食品などの中に入っている食品添加物や保存料には体内の亜鉛を排出させてしまうものも含まれているので、食品添加物の少ない物を食べるようにすることが良いです。動物性タンパク質、クエン酸、ビタミンC等と一緒に摂取することで吸収の効率を良くします。

妊活中には様々なことを気に掛けるとは思いますが、まずは身体づくりの食事を見直すことも必要なのかもしれません。

夫婦で始める妊活サプリについて

夫婦で始める妊活サプリについて
妊活とは、妊娠を希望する女性が将来自然妊娠できるよう準備する活動のことをいいますが、今は夫婦で行う妊活が増えています。

その中でも夫婦で妊活サプリを摂取するという方法があります。夫婦一緒に飲むと効果的な妊活サプリがマカサプリというものです。

マカはアミノ酸が16種類含まれており、その他カルシウム・鉄・タンパク質等、バランスよく摂取できます。マカを摂取することにより健康維持や美容、老化防止等、様々な病気予防や改善に効果があり、身体の健康サポートをしてくれます。

その中でも、マカサプリは女性ホルモンに作用することが確認されており、ホルモンバランスを整えて生理不順や生理痛を改善してくれます。

女性はホルモンバランスを正常にすることで妊娠しやすい体へ変えていくことができます。男性の生殖機能にも効果があり、精子の数を増やしてくれ、精子自体の生命力をあげてくれます。

天然の精力剤と言われるほど身体全体を元気にしてくれ、強精・勃起の手助けをしてくれます。その他、マカには疲労回復の効果があります。

夫婦共に疲れていると妊娠力が落ちてしまいます。マカで体の調子を整え、お互いの妊娠力を上げることが自然妊娠への近道となります。

赤ちゃん
マカの効能ってすごいんでちゅね~

共働き夫婦のベビ待ちを支援する妊活サプリ

共働き夫婦のベビ待ちを支援する妊活サプリ

働きながらの妊活は可能?

社会環境の変化と経済事情の影響により、いわゆる共働き夫婦が、普通の家庭の姿となりました。

夫は企業のサラリーマン、奥様もまたOLやアルバイトを続けながら、夫婦生活を営むスタイルが平均的な家族像となったため、結婚後五年以上経過してから第一子を妊娠なさる女性も増えました。

現実問題として、三十代以降の夫婦になりますと、妊活を真剣に取り組む必要があります。お互いの体力やモチベーションが低下している側面もあり、ごく普通に性交渉を重ねているだけでは、なかなか妊活が成功しないのです。

妊活サプリの継続的摂取が不可欠

近年では妊活を上手く進めるためにED治療薬や妊活サプリなどを積極的に取り入れる男女が現れました。

特に妊活サプリはリーズナブルな価格帯で提供されており、安価な値段ながらも、妊娠希望の女子に嬉しい葉酸や各種ビタミンとミネラルを大量に含んでいます。性交渉の回数がどうしても減りやすい共働き夫婦、一回あたりの品質を高めるためには、それなりの工夫が必要です。

妊活サプリを飲む等、健康的な心身を保ってけば、仮に週一度程度の性交渉でも希望が見いだせます。性交渉はただ回数を稼げば良い、というものではありません。

精子を受け入れる側である女性が、ホルモンバランスやバイオリズムを綺麗に保っている事が妊活成功の条件であり、それには妊活サプリの継続的摂取が不可欠となります。

先生
妊活は女性側だけの問題ではありません。男性も積極的に妊活サプリやマカを摂取し、お互いを思いやりながら頑張っていきましょう!