試してみよう!生理不順の改善で効果的な妊活ができる!
生理不順がある女性の場合、妊娠前に改善する必要があります。一般検診や婦人科へ行って、異常がないかしっかりと確認することが大切です。

他にも、改善に必要な栄養素やサプリなどの情報をまとめました。

妊活準備に必要な検査

妊活準備に必要な検査
妊活とは子供が欲しい女性が妊娠に向けて準備をする活動のことをいいます。

妊活の前に済ませておきたい検査が3つあります。それは健康診断の一般検査と婦人科検診、感染症検査です。

健康診断

健康診断の一般検査で内科的に異常がないかまず調べておくことが必要です。異常がなければ、その後婦人科検診をします。

婦人科検診

婦人科検診では最終生理日・生理周期・その他気になることの問診から、内診で子宮や卵巣をチェックします。

子宮筋腫や卵巣嚢腫がないか超音波検査をしたり子宮がん検診・乳がん検診も行います。一見不要にもみえますが、妊活するにあたり、感染症検査も絶対してほしい検査です。

感染症検査

妊娠初期に風疹にかかると先天性風疹症候群という病気にかかる可能性が非常に高くなります。この病気は赤ちゃんの脳や心臓に奇形が生じたり、耳が聞こえなくなるとても怖い病気です。

妊娠前に一度風疹の抗体検査をし、抗体がなければ必ず風疹の予防接種をしてください。予防接種をすることで先天性風疹症候群にかかる確立を格段に減らすことができます。

性感染症について検査することも非常に重要です。性感染症には様々な種類があり、妊娠や赤ちゃんに重大な影響を及ぼす可能性があります。パートナー側の問題もあるので、パートナーと一緒に検査することをお勧めします。

赤ちゃん
しっかり検査をうけてくだちゃい

 

妊活には生理不順の改善が必要です

妊活には生理不順の改善が必要です
「妊活」とは、妊娠活動の略語で、妊娠をするために前向きな活動すること、自然に妊娠しやすくするための身体を作ったり、生活習慣を整えることを指します。

結婚をして、夫婦生活を営むと自然に妊娠はできるものだと思いがちですが、妊娠を望んでいても結婚後何年もできない夫婦も多いです。

妊娠をしない方法は一般的に知られていますが、妊娠しやすいためには何が必要かという点においては、知らない方の方が多いでしょう。

いざ子供が欲しいとなった時のために、妊娠の前から、自分の身体に向き合うことが大切です。

最近多い疾患では、子宮内膜症や子宮筋腫が不妊に影響するといわれています。生理痛や生理不順などの症状がある方は、これらの疾患がないかなど、定期的に婦人科を受診することも必要です。

医療機関での定期的な検診のほか、自分で必要な栄養素などを取り入れることも効果があります。

厚生労働省でも推薦している葉酸は、妊娠中はもちろん、妊娠前からも摂取をすることが大切とされています。葉酸は、生理痛や生理不順にも効果が期待できます。

生理不順を改善しながらホルモン分泌が行われて、着床しやすくなります。

婦人科系にとっては、ぜひ摂取したい栄養素で、「妊活」の助けとなるでしょう。

細かい配慮が必要なアルコールと妊活サプリ

細かい配慮が必要なアルコールと妊活サプリ

アルコールの影響

女性の願望は結婚し、妊娠し、元気な赤ちゃんを出産することです。女性に生まれたからには愛する男性の子どもを一緒に育て、家族をふやし、仲良く一生を終わりたいと願います。

アルコールが好きな女性も妊娠したら、アルコールを断ちます。妊娠した女性にはよくないことを知っているからです。

サプリの必要性

妊活サプリのことを知らない女性は大勢います。聞いたことがない、知らないから妊活サプリを飲まないでは、元気な赤ちゃんとめぐりあえません。現代では、サプリはなくてはならないものです。

人間の体が必要にしている栄養素ばかりでなく、体のすみずみの機能をスムーズにします。サプリを生活に取り入れ、食後やおやつの代わりにする人は、自分の体に配慮できる女性です。

しかし、アルコールを夜遅くまで飲む生活が続くような生活をしている女性は、妊活サプリを信用しないかもしれません。アルコールは飲みすぎると、正常な判断力を失わせ、幸せな結婚生活が破綻する例はやまほどあります。

犠牲になるのは子どもです。妊活サプリは子どものためのサプリといっても過言ではありません。幸せをつかむための大切なものです。夫も幸せをつかむために協力します。

妊活に必要な性行為の回数と葉酸サプリ

妊活に必要な性行為の回数と葉酸サプリ

毎日食べるのは厳しい食材

妊活に励む奥様は、近年急増中です。妊娠に向けて体力づくりを始める夫婦も多く、中にはサプリメントや健康ジュースを賢く取り入れる家庭もあります。

特に初めての子作りにチャレンジする際は、葉酸のサプリメントを飲む等、実践的な対策が重要です。

その栄養素は食物からも摂取出来ますが、アスパラガスやオクラ、アボガドやモロヘイヤ、レタス等、毎日食べるには、厳しい素材ばかりになります。

サプリと継続的な性行為

妊活カップル向けに提供される葉酸サプリを始めれば、効率的に子作りの準備が整えられるでしょう。

母体の栄養バランスが乱れてしまいすと、妊娠の失敗が増える、あるいはお子様へのリスクが増えるといったネガティブな結果を導きかねません。

セックスの回数を増やす事、そして栄養素の充実が、妊活を効率的に進める上で大切な事です。

例えば、もともと貧血気味な女性は、葉酸や鉄分の慢性的な摂取不足が懸念されます。普段の食事に緑黄色野菜を入れる回数を増やす等、地道な対策と妊活サプリの導入といったスマートなアイデアを賢く組み合わせましょう。

また、妊娠の確率を上げるためには、継続的な性行為が大事です。土曜日、日曜日は早めにベッドインし、一晩に複数回のセックスを重ねておきたいところです。

先生
妊娠前にしっかりと検査を受ける事や生理不順の改善、きちんとした食事やサプリの摂取は欠かさず行いましょうね!