妊活の常識!妊活サプリで摂取できるマカや葉酸の効果とは?
妊活中には欠かせないアイテム、妊活サプリに含まれる成分について知っていますか?

必須アミノ酸やビタミン、ミネラルなどを豊富に含んでいるマカや大豆イソフラボンの効果についてまとめました。

妊活サプリの葉酸の成分について

妊活サプリの葉酸の成分について

ビタミンB群の仲間「葉酸」で胎児が発育不全になるリスクを減らす

妊活サプリである葉酸は、水に溶ける水溶性ビタミンの一つです。葉酸の成分は、ビタミンB群の仲間となっています。

ほうれん草などの葉にたくさん含まれているので、葉酸と呼ばれているのです。妊活サプリである葉酸は、たんぱく質や細胞を作るときに必要となるDNAなどの核酸を合成する重要な役割を持っています

そのため、赤血球の細胞の形成を助けたり、細胞分裂が活発な胎児の正常や発育を促進するという重要な役割を持っているのです。

さらに、妊娠初期の女性が十分な葉酸を摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害という神経管の発育不全になるリスクを減らすことにもつながることがわかってきているのです。

過剰摂取は神経障害の危険性も

妊娠中の女性は、葉酸が通常の2倍必要になってきます。しかし、葉酸は不足しがちなため、サプリを摂取している人が多くおられます。

葉酸は、妊活中だけでなく、妊娠中や出産後も摂取することが必要です。さらに、葉酸は食品からでも摂取をすることができます。

ほうれん草やレバー、モロヘイヤ、ブロッコリーといった緑黄色野菜のほかに、イチゴなどにも含まれているのです。

しかし、これらの食品の上にサプリなどで葉酸を過剰摂取してしまうと、神経障害などが出ることがあるので過剰摂取は避けるべきです。

先生
胎児に悪影響を起こさないためにも、葉酸を積極的に摂る事も大事ですが、摂りすぎも危険だということを覚えておきましょう!

イソフラボンで妊活をしよう 【成分】

イソフラボンで妊活をしよう 【成分】

女性ホルモンと似た働きのあるイソフラボン

イソフラボンは、大豆・大豆製品に多く含まれている栄養素の1つで、女性ホルモンの働きに関与しています。

ポリフェノールの一種で、子宮内膜の厚みを保ったり、排卵のタイミングを整えたりする働きがあり、妊活には必要な存在です。

ただし、サプリメントの多様などによる摂りすぎには注意が必要です。イソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きがあると言われています。

近年では、不妊治療にも用いられるようになりました。大豆イソフラボンを上手に取り入れるには、サプリメントに頼らず日々の食事を見直す必要があります。

大豆を上手くとるには和食がおすすめ

大豆・大豆製品を上手く食事に取り入れるには、和食を取り入れると良いでしょう。

味噌汁の味噌も大豆から作られていますし、冷奴や納豆、ひじきと大豆の煮物など和食にはいろいろな場面で大豆・大豆製品が使われています。

もちろん、洋食や中華にも取り入れることは可能です。牛乳の代わりに豆乳を飲んだり、麻婆豆腐や豆腐のグラタンなどにすれば、手軽に取り入れることができます。

大豆・大豆製品には、イソフラボンの他にも良質のタンパク質やカルシウムなどが豊富に含まれており、妊活以外にも美容と健康のために積極的に取り入れたい食材です。

妊活をしたい人はマカがおすすめです。

妊活をしたい人はマカがおすすめです。

マカは女性の体にも優れた効果があります

赤ちゃんを授かりたいので、妊活を始めている夫婦が増えています。マカはアンデス山脈の朝晩の寒暖差の激しい気候の中で、生息をしているアブラナ科の植物です。

マカは、必須アミノ酸やビタミン、ミネラルなどを豊富に含んでいるため、男性の疲労回復や滋養強壮効果があるというイメージがありますが、女性の体にも優れた効果があります。

マカは本来はホルモンバランスを整える働きがあるため、冷え性を改善したり、生理痛や生理不順を改善する効果も期待できます

ホルモンバランスを整えて妊娠しやすい体に

赤ちゃんがなかなか授からないとストレスを感じてしまうものですが、過度なストレスは溜めないようにして、充分な休息や睡眠を取ることが大切です。

マカには、豊富な栄養素が含まれており、サプリメント類も数多く販売されているので、夫婦で服用するようにすると良いでしょう。

妊活を始めている人が増えていますが、男性機能を向上させる働きもあるので、しばらくの間は続けることが大切です。

妊娠しやすい体を作るためには、栄養バランスの良い食事を心掛けるようにしたり、葉酸などの栄養素を摂取することも大切です。

女性のホルモンバランスが整ってくると、生理周期も安定してくるため、排卵日を特定しやすくなります。

赤ちゃん
マカは男性だけではなく女性にもいいんでちゅね!

妊活における葉酸の効果

妊活における葉酸の効果

妊活の段階で摂取することによって胎児への悪影響を予防できる

多くの女性の間で、妊活という言葉が認知されていますが、その際に使用されるものでもかなり効果的なのが葉酸です。

妊娠しやすくなるという効果がまずは期待されているのですが、それ以外にも多くの効能があるとされています。

まずは、神経管欠損症などの胎児の先天性奇形の予防につながるということです。

妊娠した後の生活習慣によって、胎児に悪影響を及ぼすことがありますが、葉酸を正しく摂取することによって、そのようなリスクを抑えることができます。

これは、妊娠中に摂取していても、ほとんど意味がない状態になっているので、妊活の段階から積極的に摂取していくことが大切です。

母体にもいいとされる葉酸

さらに、葉酸は母体にも良い効果があります。というのも、葉酸がビタミンB12と協力して、心臓病の原因物質とされているホモシステインの血中濃度を下げてくれることがわかっています。

ホモシステインは、特に妊娠中には増加傾向にあるので、葉酸を摂取することによって、しっかりと減少させておいたほうがよいでしょう。

ほかにも、子宮頸がんや貧血の予防にも役立ってくれるので、妊活の時点ではもちろんのこと、妊娠に成功した後でも、その恩恵を受けることになるでしょう。

妊活の大切な味方である葉酸を正しく摂取すれば、元気な赤ちゃんを出産することができる可能性が高まることでしょう。

妊活サプリとしての大豆イソフラボンについて

妊活サプリとしての大豆イソフラボンについて

大豆イソフラボンを摂って女性ホルモンの働きを補う

イソフラボンは植物に含まれるポリフェノール成分のグループです。そのなかでも大豆イソフラボンは大豆に含まれたフラボノイドというポリフェノール成分の大分類のひとつです。

一般的にポリフェノールは抗酸化力が強い植物成分ですが、大豆イソフラボンは女性ホルモンのひとつであるエストロゲンに似た構造を持ち、体内で似たような働きをし、女性ホルモンの働きを補ってくれる作用があります。

そういったことから、大豆イソフラボンは女性の妊娠をサポートする妊活サプリとして注目されています。

女性が加齢し閉経に近づいてくると、エストロゲンはあまり作られなくなってきます。

女性の悩みの多くの部分に効果を発揮

エストロゲンが減少するとホルモンバランスの乱れから、のぼせやイライラ感などの更年期障害の諸症状、また女性ホルモンが関係するといわれている骨粗鬆症などが発症される恐れがあるために、その症状の軽減や予防としても有用とされていて、女性の悩みの多くの部分に効果を発揮します。

時代の変化も伴って、現代では35以上の高齢出産を希望し、妊活に励まれている女性の方々がたくさんおられます。

女性らしい体作りや生殖器の発育を促したりするこのサプリメントはそういった元気で健康な赤ちゃんを産みたいと願う女性にとって大変有用な妊活サプリです。

先生
妊活だけではなく更年期予防にもなる大豆イソフラボンの摂取は女性には必須ですね!

不妊症に有効な妊活サプリは葉酸サプリです

不妊症に有効な妊活サプリは葉酸サプリです

妊娠を計画するならまずは妊活サプリの摂取を

不妊症は子宮内膜症と密接な関わりがあり、子宮内膜が異常をきたす事により正常に受精できない為に、不妊症となります。

子宮内膜が正常な機能をすれば、妊娠が可能になるのでその為にも予防と治療が大切です。

妊娠を計画しているが、なかなか妊娠出来ない方は病院を受診するのも良いと思いますが、まずは手軽にできる妊活サプリの摂取を実行して下さい。

不妊症の予防と治療に有効的な葉酸

妊活サプリにも様々な種類がありますが、特に効果が高い物は葉酸を原材料とした物です、葉酸はビタミン、ミネラルを多く含む食品でビタミンとミネラルは共同で働き、正常な細胞分裂と赤血球の造血を促します。

しかし、葉酸は水溶性ビタミンなので体内に蓄積しにくい為、食品からの摂取は難しい為、妊活サプリとしての葉酸サプリの摂取は、厚生労働省も推進する不妊症の予防と治療に有効的なサプリメントです。

葉酸サプリの効果の1つに、子宮内膜壁の強化があります、子宮内膜壁が薄いと受精しにくく厚いと受精しやすくうえに、受精後の受精卵も厚い壁にしっかり守られるので、胎児が安全に成長します。

葉酸の栄養素は、子宮内膜だけでなく妊娠や妊娠中に必要不可欠な母体と胎児の十分な栄養補給に絶大な効果を発揮します。種類によって、効果効能に違いがある場合ありますので、よくご確認のうえ摂取して下さい。

葉酸が妊活サプリと言われるわけ

葉酸が妊活サプリと言われるわけ

著しく不足すると赤ちゃんの成長に悪影響が・・・

妊娠を希望する人が飲む妊活サプリメントとして、葉酸があります。葉酸は、妊娠している人にとって、非常に重要な栄養素です。

赤ちゃんは、お母さんのお腹の中で細胞分裂を繰り返し、成長していきます。その細胞分裂が正常に行われるために必要な栄養素とされています。

著しく不足している場合には、赤ちゃんの成長に悪影響がでることもあります。

葉酸は、アスパラやほうれん草などをはじめとした野菜類に多く含まれています。

しかし、妊婦が摂取した方がよいとされる量を食べ物だけで摂取するのは非常に大変です。そのため、サプリメントなどが利用されています。

栄養バランスを整えることで、妊娠しやすくなる可能性も

葉酸は、前述のように、細胞分裂が正常に行われるために必要なので、特に妊娠初期に十分摂取することが大切と言われています。

そのため、できれば、妊娠する前、つまり妊娠する可能性がある段階や妊活している段階から十分に摂取した方がよいとされています。

また、妊活をしている人は、栄養バランスを整えることで、妊娠しやすくなる可能性があります。妊活サプリと言われるのは、そのためです。

妊活をする時には、女性だけでなく、パートナーである男性も食生活に気をつけ、バランス良く栄養を摂ることが大切と言われています。