絶対に気を付けるべき妊活中の食事と飲み物とは?
妊活中の基本となる食事や運動、お酒やたばこについて知っていますか?

女性の間で大ブームを巻き起こしたグリーンスムージーが妊活にオススメな理由や簡単にできるウォーキングやエクササイズ、妊活中に気を付けたいお酒やたばこについての情報をまとめました。

目次

妊活の食べ物や飲み物も考える

妊活の食べ物や飲み物も考える

妊活の基本中の基本とは

妊活という言葉も少しずつ社会に知られるようになってきています。妊活とは、妊娠できるように体を整えたり、治療を受けることです。

結婚したのに、なかなか子供に恵まれずに妊活をする場合もありますが、将来結婚をして早く子どもがほしいという人の場合でも妊活を少しずつ始めている人もいます。

女性には毎月生理がありますが排卵日に着床しないと妊娠しませんので生理となってしまいます。生理が定期的にきちんとある場合は、排卵日もわかるのですが生理不順になっている場合は自分でもいつが排卵日かもわからず、妊娠しにくいということになっていまいます。

生理不順の原因

生理不順の理由はいろいろありますが、体の血流が悪かったり、冷え性ということもあげられています。体が冷える要因は、食べ物や飲み物にも影響をされます。いつも冷たいものを食べてしまったり飲んでしまうということもあります。

真冬に食べるアイスはおいしいですが、それも度がすぎると冷えてしまいます。また夏場も暑いからと、冷房ガンガンの部屋でさらに冷たいものばかりたべていたると、自然と体も冷えていってしまいます。

ですから妊活をしようと思ったらまずは食生活から変えていく必要があります。なるべく野菜も温野菜で摂取したり、冷えた麦茶ではなく常温のものに切り替えるだけで体は変わっていくのです。

 

妊活サプリとしてもグリーンスムージーが注目されている訳とは

妊活サプリとしてもグリーンスムージーが注目されている訳とは

グリーンスムージーで野菜を摂取

このところ特に若い女性の間で人気で、某有名モデルさんなどの芸能人もお勧めしていると話題の「グリーンスムージー」。

このグリーンスムージーを摂りいれることによって得られる美肌効果やダイエット効果の理由としては、野菜の抗酸化作用などによって老化を防ぎ、新陳代謝が活発になるからといったことがあるのですが、実は女性の妊活サプリとしても大変効果的な飲み物として注目を集めている飲み物なのです。

グリーンスムージーで葉酸も補給しよう

グリーンスムージーの中に含まれている野菜は主にほうれん草などの緑黄色野菜なのですが、この緑黄色野菜には成分として葉酸が数多く含まれています。

葉酸は蛋白質やDNAの合成に必要不可欠なビタミンB群の栄養素で、細胞分裂をする時にも絶対に不可欠ですので、赤ちゃんの生育に不可欠な栄養素です。葉酸が不足していると、早産になったり胎児の発育遅延の危険性があります。

また口や胃腸などの粘膜を守る働きがあったり、皮膚が健康的で丈夫になったり、母乳が出やすくなったりといった効果がります。

生まれてくる赤ちゃんの明るい未来のためにも、妊活されている女性や妊娠中の女性は葉酸が多く入ったグリーンスムージーを妊活サプリとして積極的に摂りいれた方が良いのです。

 

ウォーキングは妊活中から始めることがおすすめ

ウォーキングは妊活中から始めることがおすすめ

妊活中におすすめの運動

妊娠すると、体重管理のためやストレス解消のために自分のできる範囲で体を動かすように指導されるという女性が多くなってきています。妊娠中は激しい運動はできないため、ウォーキングなどの手軽にできて続けることが可能な運動がとてもおすすめなのです。

しかし妊娠してから始めようと思っても、体が重く、なかなか重い腰が上がらないという女性が多いのです。こういった妊娠中も続けることができる運動は妊活中から行っておくことをおすすめします。

ウォーキングの効果

妊活中から行うことによって、妊娠してからも続けることができますし、生活の一部のようにしてしまうことで、妊娠したからと言って辞める必要はありませんし、むしろ積極的に続けることができるので、とてもおすすめなのです。

妊娠中は自分でも驚くほどの勢いでお腹が大きくなっていきますし、体重もどんどん増えて行きますので、こういった軽い運動を少しずつでも続けることによって、体重管理をすることもできます。

体を動かすことによってストレス解消にもなるので、積極的に運動をすることをおすすめします。出産時にもかなり体力がいりますので、体力に自信がないという人は、妊活中から体力づくりの一環と思ってウォーキングを始めることがおすすめです。

 

妊活サプリを使用したりツボ押しをする

妊活サプリを使用したりツボ押しをする

妊娠を成功させるには

妊娠を望んでいる女性にとって、葉酸はとても大事なものです。そのためにも、妊活サプリを使ってみるといいでしょう。妊活サプリもいろいろありますので、飲みやすいものを選んで飲むようにすると、楽に飲むことが出来るようになります。

妊活サプリを飲むことによって、赤ちゃんを迎える為の体作りをしていくことが出来るようになりますので、妊娠への道も近くなってくるはずです。

ツボ押しで温活

本気で妊活を考えているのであれば、妊活サプリだけではなく、ツボ押しもしてみるようにするといいでしょう。

冷えに効果が期待できるツボを試してみるといいでしょう。冷えというのは、不妊の原因の一つとされていますので、冷えない体にしていくためにも、ツボ押しで体を温めていくようにすることです。

妊娠に向けていろんなことを試していき、ストレスや疲れを貯めない体づくりをしていくといいでしょう。体に大きな負担がかかっている時期というのは、妊娠をしづらくなってしまいます。

リラックスできるような環境で生活をしていくようにし、あまり無理をせずに頑張りすぎない生活をしていくようにすることが必要になります。

 

妊活に必須のサプリメント

妊活に必須のサプリメント

葉酸の理想的な摂取量

日本ではあまり摂取量について言及されることが少ない『葉酸』。海外では食事の補助としてサプリメントで摂取することが当たり前となっているが、日本ではあまり認知されていません。

成人女性の場合で0.2mg、妊娠を希望している女性の場合は0.4mgは必要であると言われていますが、実際に摂取できている割合はそれほど多くないでしょう。

男性も葉酸を摂取することが必要

また、妊活中で忘れがちなのは、男性にも葉酸の摂取が必要であるということ。『妊娠は女性の体内で起こる事』と考えられがちで、男性が必要性をあまり認識していないケースが多いのではないでしょうか。

妊活の目標である赤ちゃんのもとになる染色体は、父親と母親からそれぞれ授かるもの。妊娠を希望する夫婦の双方で葉酸の摂取を心がけることが、早く子供を授かる近道になるのではないでしょうか。

葉酸の摂取目標を食事のみでクリアすることは困難です。最近では手軽に摂取可能なサプリメントもたくさん販売されています。女性が0.4mg、男性が0.2mgが摂取目標です。

妊活のあるべき心構え

子供を授かるまでの間、体質改善や不妊治療、数々のストレスに見舞われます。『妊活』とは、夫婦二人の共同作業であり、試されている時間でもあります。

妊活はゴールではなく、子育てのスタートに立つ為の準備期間です。終りのないストレス期間と考えず、明るい家族生活を夢見て残り少ない夫婦2人の生活を楽しむべきかもしれません。

 

妊活時はお酒を控えるようにする

妊活時はお酒を控えるようにする

妊活中はお酒は我慢がマスト

お酒を飲むことはストレス解消にもなりますし、気分転換にもなりますが、妊活しているような時は極力飲酒は避けたほうがいいでしょう。

まだ妊娠していないような時の飲酒は妊娠時の異常に関係ないことが多いですが、飲酒の習慣があることで寝不足になったり、体の疲れがとれなかったり、頭痛が続いたりと、体調不良に続くようなことが増えてしまいます。

それらの体調不良が不妊につながるようなこともあるので、妊娠しやすい体質作りという意味でも、妊活をしている時はお酒を飲まないようにしたほうがいいでしょう。

また、お酒を飲んでいることで栄養不足であったり、食欲不振があるような時は、葉酸のサプリ等で体の栄養バランスを整えてみてもいいでしょう。葉酸の成分は妊婦に必要なものとして知られていますが、妊娠する前から飲むことによって丈夫な体つくりにもなります。

栄養に対する意識を高めよう

葉酸はほうれん草やかぼちゃなどの緑黄色野菜などにも含まれますが、量が少しのため、あまり野菜を食べないような人は健康食品などでバランスを取っていくのもいいでしょう。

妊娠前から栄養に対する意識を高めておけば、妊娠時の栄養管理も役立ちます。お酒を飲んでいる人は特に栄養に気を付けましょう。

 

妊活には体調チェックが欠かせない

妊活には体調チェックが欠かせない

自分のカラダの状態を知る

妊活という言葉が社会にも随分しつつあります。妊活とは、妊娠するために治療をうけたり、自分の体の調子を整えていくための活動のことをいいます。

できちゃった婚という言葉を聞くと、妊娠するのがあたかも簡単なようなイメージがありますが結婚して何年もすぎてもなかなか、妊娠しないという人もいます。そういう人のこと不妊といいますが、不妊治療というよりも、妊活という言い方をしたりします。

妊活をする中で、いろいろと必要なことがありますが、自分の体の状態をチェックしていくということが大事です。

毎日基礎体温を測ることです。妊娠には排卵日を知ることが重要ですから、体温が低温期になるのか高温期にあるのかを知るためにも基礎体温を知ることが大事です。

不妊の方が注意するべき点

ただ、不妊の方は低温期と高温期がきれいにならない方が多く、そういう状態であることをきちんと認識するためにも必要です。さらに自分の状態を知ったうえで、ヨガを習ったり整体に通うことで、血流をよくしたり新陳代謝力をあげたりすることも妊娠しやすい体つくりには、とても大切なのです。

また医療機関で血液検査などをしますが、貧血になっていないかどうか数値をチェックしておくのも大切なことです。

妊活中にヘアカラーなどはしても良いか

妊活中にヘアカラーなどはしても良いか

妊活中のオシャレはNGなのか

「妊活」とは「妊娠活動」の略称であり、その名の通り妊娠のためにあらゆることを行うことです。主に不妊に悩む女性が行うものですが、不妊の原因が男性にある場合、男性が妊活に取り組むこともあります。

さて、私達が普段何気なく行っていることでも、妊活にとっては良くないことも多数存在します。

例えば、毎晩お風呂にゆっくり浸からず、シャワーだけでさっと済ませてしまうのは、体が冷えやすくなるため良くありません。冷えによって全身の血行が悪くなってしまうと、妊娠しにくい体になってしまいます。

また、妊娠中はもちろんのこと、妊活中であってもタバコは言語道断です。タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させて、卵巣機能を低下させたり、生理不順を引き起こす可能性が高くなります。

ヘアカラーがダメという論拠はない

一方、妊活中や妊娠中のヘアカラーは、特に問題ありません。よく、妊娠中にヘアカラーをすると、薬剤が体内に染みこんでお腹の赤ちゃんに影響する、ということを聞きますが、これには医学的な根拠は全くありません。

妊娠を考えている人であっても、ヘアカラーをするのは全く妊娠に影響ありません。

ただし、妊娠してお腹が張ってくると長時間イスに座るのが困難になるため、ヘアカラーをするのであれば妊娠前がおすすめです。

 

妊活で禁煙をはじめる

妊活で禁煙をはじめる

タバコはNG

もしも妊娠してお腹の中に赤ちゃんがいるとわかったら、あえて有害物質を摂取したいと思う女性はいないはずです。

タバコを吸うのがこれまでやめられなくて、なおかつ妊活している女性の多くが、妊娠したらタバコをやめようという風に考えます。

そのため喫煙女性にとって妊娠はほかの何よりも大きなきっかけとなりますから、妊娠を機に禁煙に成功する率は高いです。しかし現在喫煙されていて妊活している方や、長年赤ちゃんができないとお悩みの方は、妊活している今だからこそ、喫煙をやめるべきです。

なぜ禁煙するべきなのか

なぜなら、喫煙と関連した女性特有の症状には、不妊や月経時痛、更年期障害、閉経年齢が早まる、骨粗鬆症といったものが挙げられるからです。

このことからわかるように、つまり喫煙は女性ホルモンが司る女性特有の機能を抑えてしまい、さまざまな症状を引き起こしてしまう可能性があるのです。中には家族や周囲の方が喫煙されている場合もあります。

タバコの煙の恐ろしい害

女性のタバコ煙の直接的・間接的影響は、流産の可能性や早産の可能性、低体重児が生まれてくる可能性などがあげられます。喫煙していればしている分だけ、不妊・早産や生まれてくる赤ちゃんに与える影響のリスクが高まります。

明るい未来の為、タバコをやめることも妊活の一つだと考えて、禁煙外来や婦人科などでの相談も視野に積極的に禁煙しましょう。

赤ちゃん
タバコの煙は大嫌いでちゅ~

 

結婚したらすぐに妊活

結婚したらすぐに妊活

妊活を始めよう

最近では20代で結婚するという人が少なくなっているため、30代で初めての出産を経験するという女性がとても多くなってきています。

結婚の時期が遅くなればなるほど、子供を授かっても高齢出産になってしまうということもありますし、リスクも高くなりますので、結婚したらすぐに妊活を始めて、子供を授かりたいと考えている夫婦がとても多くなっているのです。

妊活は、体を温めたり規則正しい生活を行うことで、妊娠しやすい体にすると同時に、いつ妊娠してもいいように準備をするということが大切なのです。

葉酸の摂取で妊娠準備を万全に

いつでも始められるのが、葉酸を積極的に摂取するということです。葉酸は妊娠初期に赤ちゃんの脳や神経を作る際に必要になる栄養素ですので、妊娠する前から積極的に摂取しておくことによって、赤ちゃんが無脳症などの病気になってしまうということを防ぐことができるのです。

体を温めるような工夫をするということも、すぐに始めることができますので、使い捨てカイロなどを上手に使用したり、首と名の付いている部分をよく温めるようにしたりすることで、体を内側から温めることができるのです。

こういった活動を続けることで、妊娠しやすい体づくりをすることができるのです。

 

妊活サプリで子供の産み分けは可能か

妊活サプリで子供の産み分けは可能か

科学的に根拠はないが・・・

皆さん、今子供の産み分けができる妊活サプリが人気なのをご存知でしょうか。

「子供が欲しい」「できれば女の子が欲しい」「できれば男の子が欲しい」そう思う方は多いと思います。

そんな方のために妊活サプリをご紹介します。それは、クランベリーのサプリです。

クランベリーサプリとは

このクランベリーのサプリは、女の子を産みたい時に使用します。使用方法は簡単で、排卵日までこのサプリを飲み続け、その後は一切飲まない。それだけです。

クランベリーは殺菌作用があり、ビタミンも含みます。また膣内を酸性にする働きがあると言われ、そのため女の子の産み分けに効果があると考えられています。

女の子を生みたい場合は?

女の子を産み分けるため必要なX精子にとって良い環境が酸性のため、効果があると言われています。そのため過剰摂取には気をつけて、用量、用法を守れば女の子になる確率が高まるとされています。

クランベリーにはポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールは酸性物質なので、体内が酸性に傾き、膣内を酸性にしてくれる可能性が高いのです。

男の子を生みたい場合は?

男の子の産み分けには、逆に膣内をアルカリ性にする必要があります。膣は外からの雑菌を防ぐため、通常は酸性に保たれていますが、カリウム剤を摂取し、膣内をアルカリ性に保つ必要があります。

ただし、科学的には産み分けができるというはありません。占い程度のものだと考えておくといいでしょう。

赤ちゃん
男の子でも女の子でも大事に育ててほしいでちゅ~
先生
そうですね!健康な赤ちゃんが生まれるように、食べ物や生活習慣には十分に気を配りましょう。